こんにちは。( ^-^)ノ

なごみです。



昨年ご紹介しました

こちらの案件、

延長して案内されていました。




富裕層貿易ビジネス無料講座 木下善人 【無料セミナー】愛家資金が必要になる?




top2.jpg

URL:http://expo7th.jp/lp/1h.html/

特定商取引法表示
販売者 ハイパーマーケティングホールディングス株式会社
運営責任者 加藤行俊
所在地 東京都中央区入船2丁目2番地14 U-AXIS 6階
電話番号 03-5244-9770(代表) 
E-mail info★expo7th.jp


【対象】
■既に物販ビジネスをしていらっしゃる方。
■英語が得意な方により有利です。 (英語対応マニュアル特典付き)
■ブランド品、高額品、アンティーク品などがお好き、既にお持ちの方。
■珍しい品など、お宝品を探すのがお好き、既にお持ちの方。
■転売・せどりをしたい方。
 *詳細情報がわかりましたら、追記します。




転売にご興味がおありで

・少量から少しづつ始めてみたい方や

・ある程度の資金力がおありの方
 

にお勧めの転売ビジネスです。







転売ビジネス自体を考えると

薄利多売より

高額商品の方が転売は有利ですし

国内より海外向けの方が

利益は出しやすいです。





転売ビジネスで上がりやすい問題として

「資金」 「在庫」 などがありますが

少量から進めていくと

「高利益を生み出す転売」の方が

リスクが低い場合もあります。

もちろん

「人気の」「売れる商品」の見極めがあってこそ

ですが。




薄利多売を狙うと、

仕入れ自体の単価は低く


始めやすいというメリットはありますが

作業・手間がかかる

という点があります。





また


多売で利益を大きくしようとすると

「大量の仕入れ」=「大量の在庫」

繋がるリスクが発生します。





国内で転売しようとすると

「売れる商品の争奪競争」もありますし、

利幅が大きいのは、ブームの時だけ。




・他国で手に入らないモノ

・日本にしかないモノ


は大変高い価値があります。




世界の「日本ブーム」

「円安」

「オリンピック開催前」で

日本への高い注目度も追い風になっています。




また

「ブランド品」はその品質を

”メーカー”が保障してくれていますので

その点のハードルは低いと言えます。



そういう意味では

・既に物販をしていらっしゃる方や

・転売・せどりのご経験がおありの方に


役立つ情報です。



無料WEBセミナーを観て

部分を参考にするのはよいと思います。



これから始められる方

リスクの無い

無在庫転売から進めてくださいね。



■無在庫転売記事:高額利益がでるのに、リスクは無し!


始めから大きく仕入れてしまうと

売れない場合に

お金を失うことになります。



売れてから、仕入れる

”無在庫転売”で

あなたの新たな収入の柱を築いてくださいね。











【経営者・独立を目指す方々へのお知らせ】

・インターネットマーケティングの第一人者で
 グーグルやマイクロソフトなどにも
 アドバイスをしてきた「リッチ・シェフレン氏」のビジネス本が、
 1月15日まで「送料550円」のみで手に入ります。

 経営者は目を通しておきたい1冊です。
 
 ■成功している起業家が知る、ビジネス構築のバイブル 

 *通常2,980円の書籍+DVD
   テストマーケティング期間中のみ、無料配布中です。
















購入する、その前に! 詐欺商材に騙されないための ”3つのコト”





.これは!!と思ったら、まず 大きく深呼吸 を。 ←これ大切です (^-^

.次に、その商材について、一度検証してみてください。 
  ”購入まで何時間と・・カウントダウン” が始まりますが、慌てなくても大丈夫です。

.始めは、検証自体むずかしいと思いますので、既に検証されている記事を読んでみてくださいね。




それでも悩める時には、お問合せいただいて構いません。

右サイドバーのメールフォームからお願いいたします。
 

★桜1






プライバシーポリシーについての表記




はじめに
当サイトでは、以下のとおり、個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、その重要性と取組を徹底することで個人情報の保護を推進します。


個人情報の管理
当サイトは、お客様情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス、紛失、破損、改ざん、漏洩などを防ぎ、セキュリティの維持、管理体制の徹底等、安全対策等を実施し、個人情報の厳重な管理を行います。


個人情報の第三者への開示・提供の禁止
お預かりした個人情報は適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
1)同意がある場合
2)希望されるサービスを行うために、業務を委託する業者に対して開示する場合
3)法令に基づき開示することが必要である場合


個人情報の利用目的
お預かりした個人情報は、当サイトからのメールマガジンやその他のご連絡、ご質問に対する回答として、電子メールの送付に利用させて頂きます。


個人情報の安全対策
個人情報の正確性お呼び安全性確保の為に、セキュリティに万全の対策を講じています。


本人の照会
個人情報の照会、修正、削除などをご希望される場合、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。