こんにちは。

なごみです。( ^-^)ノ



今回3回目となる

こちらのオファー

約65万円の高額塾

へ繋がります。



更に、井口さん

以前、別ののオファーで住所を偽って記載していた

クロイ過去がありますので

ご注意くださいね。



ヘルスコンサルタント養成講座 井口晃×アイザックHジョーンズ ってホントにイケルノ?



井口

URL:http://akiraiguchi.info/healthconsulting3/lp01/s.html

特定商取引法

1





住所を詐称し

オファーを出していた井口さん。



【デスティニー】ー全日本国民の『運命』が変わる日
  パワープロモート


という名の案件。



”特定商取引法表示 ”

に記されていた住所が

全く関連の無い会社の住所で、

その会社の方が

「株パワープロモートが勝手に住所を使っている、訴える」と

私たちのチームへ連絡が入りました。



で、デスティニーの時の住所と見比べてみますと、、

同じです。

また住所詐称のままオファーを出している事になります。



他人の住所を勝手に使用するなど

言語道断。 


この時点で既に止めた方がよいでしょう。








念のために、今回の内容を見ておきます。



カナダ在出身の企業家

アイザック・H・ジョーンズ氏

az.png


彼を講師に迎えての

セミナーへのお誘いです。


彼は

国際的なヘルス&ウェルネス専門の

コンサルタント会社

「エレベイズ・ヘルス」の設立者。





この案件を企画、運営しているのが

住所詐称&過去様々な

微妙なオファーに登場していた

井口晃さん。





「ヘルスコンサルタント」という業種で

起業して稼ぎましょうというという

セミナーへのお誘いです。



今回が3回目で

過去には

セミナーから約65万円の

高額塾へ繋がっています。








ヘルスコンサルタントとは

人々の健康の為にアドバイスをする

お仕事。



”自然治癒学”をいう

誰でも持っている

「自身で健康になろうとうするチカラ」

”自然治癒力”に着目しています。



切り傷が出来ても

自然に治っていく、

そのチカラの事ですね。





分類上は伝統医学に入り

よく知られるトコロでは


・インド医学の”アーユルヴェーダ”

・中国医学、日本の”漢方医学”

温泉療法、日本で言う湯治なども


”自然治癒力”を高めて

病気の快復と健康を目指すモノです。



日常的にできるコトとしては

食事療法、運動療法、

マッサージ、ライフスタイル指導など


幅広い指導とアドバイスを行うのが

ヘルスコンサルタント

になります。





オファーレターの中では

”後期高齢化社会を迎えようとし

 圧倒的に医師が不足する・・”



”心から感謝され今や医師よりも

高額な報酬(年収2000万円以上)を得ながら、

自由な時間も得られるのです。”



”最先端にビジネスモデル”


などなど、煽る言葉がありますが




”ビジネス”として考えた時に

そう簡単ではありません。”







もし、あなたが体調を崩した時に

「高額塾で学んだアドバイザー」と


国が定めた許可を持つ

「医師」や「漢方薬剤師」など

どちらに信頼を寄せるでしょうか。




無許可で医療行為を行っての逮捕者が

たまにニュースで流れますが

そうまでしないと経営として

厳しい現状も垣間見えますよね。






例えば、エステティックなどを

既に経営されていて

サービスに付加価値付けをしたい


ということから

ご興味をお持ちになる方も

いらっしゃるかもしれませんが

この案件には関わらないことを

お勧めいたします。




井口さんが関わるオファーで

評判がよいものを聞いたことがありません。




「トップヘルスコンサルタント第3期生募集」

セミナー&懇親会を開催

・5月17日(火) 東京
・5月18日(水) 福岡
・5月19日(木) 大阪
・5月20日(金) 名古屋  

    *各30名限定
5,000円:説明会のみ
10,000円:説明会と懇親会




スクール価格:647,000円

<内容>
1.デイリーヘルスコンサルタントメール
2.質問回答ビデオ&音声
3.ヘルスコンサルタントテンプレート集
4.ヘルスコンサルタントメンバー限定のFBグループ
5.一般社団法人ヘルスコンサルタント協会認定資格の発行
6.協会ホームページに写真&プロフィール掲載
7.コンテンツの使用権




良識ある経営者は

会社の住所を詐称したり

勝手に使うなど、決してしません。



くれぐれも

お気を付けくださいますように。








» 記事の続きを読む