ビットコインのタグ記事一覧

信頼を失うことなく、気持ちよく進めるネットビジネスを始めてみませんか。

タグ:ビットコイン

ビットコインのタグが付いた記事一覧。信頼を失うことなく、気持ちよく進めるネットビジネスを始めてみませんか。

●暗号通貨(仮想通貨)
こんにちは。なごみです。(*´▽`*)ノ暗号通貨、仮想通貨ビットコイン ・・最近ニュースなどで見かけませんでしょうか。今後身近になっていく事が予想されますのでここでは”初めての暗号通貨”として説明していきますね。暗号通貨(仮想通貨)ってナニ? 暗号通貨元年 ビットコイン、イーサリアム、リップルとは?日本では「仮想通貨」という呼び方が一般的ですが正式には「暗号通貨」(クリプト・カレンシー)どちらも同じもので...

記事を読む

オススメしない案件
こんにちは。なごみです。( ^-^)ノ投資関連のオファーが続いていますね。今回のは、仮想通貨。Googleが出資、スティーブ・ジョブ●が称賛??”改:ビットコイン” 吉川将大シリコンバレーの活きる伝説?URL:http://www.ripple-trade-japan.net/lp/new/open/特定商取引法に関わる表示会社名 TIGER FUND.,Co.Ltd所在地 沖縄県件石垣市新川390-1運営責任者 吉川将大電話番号  050-5275-4180※お問い合わせはメールでお願い致しま...

記事を読む

オススメしない案件
高杉慧 ネカフェニートの稼ぎ方 CXトレード倶楽部発表 24万8千円 インフォトップより販売こんにちは。なごみです。 ( ^-^)ノなんだか怪しそうなキャッチコピーですがどんな内容でしょう。高杉慧 ネカフェニートの稼ぎ方"魔法のお財布”ってマズクないですか?!定商法取引法に基づく表記 運営業者 Vertex株式会社運営責任 高杉慧所在地  東京都渋谷区渋谷1-8-3まんがを読んでいて月収173万円??レターには表...

記事を読む

暗号通貨(仮想通貨)は怪しい?初めての暗号通貨ビットコイン、リップル、イーサリアム等の将来性





こんにちは。

なごみです。(*´▽`*)ノ



暗号通貨、仮想通貨

ビットコイン ・・


最近ニュースなどで

見かけませんでしょうか。



今後

身近になっていく事が予想されますので

ここでは

”初めての暗号通貨”として

説明していきますね。





暗号通貨(仮想通貨)ってナニ? 暗号通貨元年 ビットコイン、イーサリアム、リップルとは?



bitcoin-code-459070_bay_600.jpg




日本では

「仮想通貨」

という呼び方が一般的ですが

正式には

「暗号通貨」(クリプト・カレンシー)

どちらも同じものです。




暗号通貨

とてもヒラタク言いますと

”主にネット上で流通するお金”

世界共通で使える

”デジタル通貨”です。





海外では

暗号通貨用のATMが

設置され、簡単に

現金で受取ることができるように

なっています。

bitcoin-atm.jpg
<CANADA Waves Coffee House>
出典https://jp.cointelegraph.com/news/major-franchise-installs-11-bitcoin-atms-in-cafes-across-canadaJP/jp



日本でも

浅草、渋谷、六本木など

一部の地域で

既にATMが設置されているんですよ。





暗号通貨の種類

世界中に多数存在し

既に3,000種を超える

とも言わていますが


注意が必要なのは

・暗号通貨の中には価値の無いモノもあり

全てのコイン価格が上がる訳では無い


という点なんです。

利用価値の無い

偽物暗号通貨も多く存在しているんです。




最も有名で

代表的な暗号通貨は

”ビットコイン”

sozai-Bitcoin_logo.png

暗号通貨の世界では”基軸通貨”です。



それ以外の暗号通貨は

”アルトコイン”と呼ばれ


日本で買えるアルトコインは複数種あり

イーサリアム、イーサリアムクラシック、リップルなどなど。

暗号通貨種類一部

■関連記事:日本で買える暗号通貨と取引所




冒頭で

暗号通貨は

”主にネット上で流通”

と書いた理由は


既にビックカメラなど

実際の店舗でも

ビットコインで決済できるように

なっているからなんです。

日経
■日本経済新聞:ビットコイン対応26万店



ビックカメラ以外でも

海外からのお客さまが多い店舗などでは

既に

暗号通貨での決済が可能になっており

今後

東京オリンピックに向けて


決済できるお店は更に増えてくることが

予想されます。




利用時のイメージは

スマホにチャージしたお金*で

コンビニや駅などで

何でも買える事を想像していただくと

イメージしやすいかもしれません。

スマホ

  *同じではありませんので、詳しくは下に。







いつ、誰が?創り出したの?暗号通貨





When?・・・2009
Who? ・・・SATOSHI NAKAMOTO




暗号通貨は

2008年に

”サトシ ナカモト(中本哲史)”

という人物が

暗号通貨に関する論文

”Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System”
 (ビットコイン:P2P 電子マネーシステム)

を発表しました。


銀行を介さず、安全にインターネット上で

個人間でも送金できる仕組みについて

書かれたモノでした。



それに触発された

研究者や技術者達が集結し

プログラミングを行い


2009年に初めて

”bitcoinビットコインが発行”


されたんです。

nakamoto.gif
出典:http://www.castelligasse.at/castelli-online/internet%20story/internet%20story.htm

”Nakamoto”の文字が見えますね。




”ナカモト サトシ”さん

というと

日本人?と少し嬉しくなりますが
(´ー`)

実のところ、日本人かは不明で

該当する個人は特定されていません。





2009年

初めて発行された時の

ビットコイン価格は

日本円で0.07円。


bitcoin.jpg


1ビットコインを

マイニング(採掘)=創り出すのに

必要となる電気代が0.07円だった事から

この価格になった

と言われています。



2009年には

1ビットコインの価格は

1円にも満たないモノでしたが

今では

1ビットコインが20~30万円前後にも

なっているんです。 
*追記:今は1bitcoin180万円を超えています。


たった7~8年で

約300万倍まで価格が高騰した事で

”ビットコイン長者”

世界で誕生したんですね。(^O^)/


$



今年は

”暗号通貨元年”

とも言われており

既にバブルの様相を呈しています。


過去

日本でもあった「バブル」とは違い

暗号通貨(仮想通貨)は今後

・世界中で利用者が更に増える

・銀行、大手企業も暗号通貨を活用し始め


未だ「黎明期」

始まったばかりという点です。


歴史的に見ても

”過去、お金の体積は減ったことが無い”

とも言われているんです。






どうして価値が変動するの?暗号通貨




Why?・・・The demand





暗号通貨の価格は

毎日、毎分、変動しています。

bitocoinチャート



初めて発行された時の

ビットコイン価格0.07円から

20~30万円まで高騰したのは
  *追記、現在は45~50万円程度

・欲しい人、必要とする人が増えている

The demand=需要がある

ことを意味しています。




ビットコインに限らず

それぞれの暗号通貨は

もともと

供給量が定められており

上限枚数があるんですね。



例えばビットコインでしたら

2100万枚が上限。




をイメージしていただくと

分かりやすいと思うのですが


金も無限では無いので

・欲しい人が増えると価格は高騰し

・必要とされなければ価格が下落する


これと同じ仕組みです。





必要&欲しいと感じる理由は

それぞれですが

・投資

・国際送金

・資産保全 


目的などが挙げられます。




急速

暗号通貨が普及した背景には

社会情勢も関係していて

例えば

2010年に起こった”ギリシャ危機”


ギリシャ



ギリシャが財政破綻するのでは?

と憶測を呼び

ギリシャ国債が暴落したのをきっかけに

銀行口座が凍結され

預けていた預金が引き出せなくなる

という事態が起こりました。



この時に

暗号通貨を持っていた人々は

銀行口座が凍結されても

コインを引き出すことが出来

難を逃れた


という情報が一部で流れました。



万一

ハイパーインフレが起こり

紙幣が紙切れになった時にも


暗号通貨は

円、ドル、ユーロのように

・中央集権化されていない
 (発行や管理をしている政府や中央銀行が存在しない)

・”時価総額”で常に取引される 事から

資産保全を目的として

保有している人々もいます。





他には

利用目的のひとつでもある

国際送金。


もしヨーロッパ圏に

送金しようとすると

送金されるまでに

複数の銀行を介しますので

・手数料、日数

が掛かります。


この手数料が高く

もし10万円を送金しようとすると

5000円以上の手数料が必要になるんです。



それも暗号通貨ですと

銀行を介さず送金できますので

手数料を抑える事ができますし

スピーディーに送金を完了できます。




日本は

世界的に見た時に

銀行の業務も極めてスムーズですが


・近くに銀行が無い地域に住む方々や

・銀行口座を持てない方も


世界中には多くいらっしゃいますから


スマホだけで送金できるシステムが

とても便利で、多くの方に望まれる事は

容易に想像がつきますよね。


国際送金


送金は、国を跨がずとも

お友達同士、国内企業間でも

やり取りすることができます。




また

海外旅行に行く時には

円をユーロやドルに換え

帰国時にまた円に戻しますので

手数料分が目減りしますが


世界共通の暗号通貨で

お買い物が出来たら

両替する必要も無くなり便利ですね。





2020年

東京オリンピック時は

世界各国から多くの観光客が来日しますので

日本もこれから

ますます普及するでしょうし

ogp.jpg



世界的には

中国、インドなどでも

暗号通貨取引所が次々に開設されましたので

利用者が急増しているんですよ。




世界各国共通で

使用できるデジタル通貨の普及。



貨幣の価値と意味が変わるのは

歴史的に見ても

大きな出来事。




こんな歴史的タイミングを

リアルに体験できている私達は

ラッキーかもしれませんね。(´▽`*)




わたしも検証用に

複数の暗号通貨を

少額ながら所有していますが

あっと言う間に倍になりましたよ。(*´ω`)

■関連記事:どこで買えるの暗号通貨?





その一方

残念なことに、この機を利用した

詐欺的な案件も増えています。


冒頭でお伝えしました通り

全ての暗号通貨に

価値がある訳ではありませんので


その点は充分にお気を付けくださいませ。

■関連記事:駐日フィリピン大使館が警鐘を鳴らす暗号通貨




そして

投資としてお考えの場合は

必ずリスクがありますので

その点もお忘れなく。




暗号通貨が

あなたの資産形成・資産保全の

お役に立ちますよう願っています。



■関連記事:どんな通貨が日本で買えるの?
■暗号通貨が購入できる取引所
ボタン



ご不明な点は

右上メールフォームから

お気軽にお問い合わせくださいね。








サクラ



自由な時間と

不安のない生活を手に入れませんか。

ちゃんと実績が出せる、数少ないホンモノ情報などを

旅行とドライブ、お料理が好きな管理人が

不定期でお届けするメールマガジンです。


一緒に、複数の収入の柱を築いていきましょう!

*信頼や友情より、お金だー!と仰る方は
  ご遠慮ください(*m_ _)m)







購入する、その前に! 詐欺商材に騙されないための ”3つのコト”




.これは!!と思ったら、まず 大きく深呼吸 を。 ←これ大切です (^-^

.次に、その商材について、一度検証してみてください。 
  ・まず、セールスレター下にある「特定商取引法に基づく記述」を見てください。
  ・記載されている ”所在地” に ”会社・個人宅” があるかを
   「ぜんりんいつもNAVI」や「グーグルマップ」で確認してみましょう。
  ”購入まで何時間と・・カウントダウン” が始まりますが、慌てなくても大丈夫です。

.始めは、検証自体むずかしいと思いますので、既に検証されている記事を読んでみてくださいね。




それでも悩める時には、お気軽にご連絡ください。

こんな事例もありました。

■関連記事:ワクワク?同じ内容が違って見えるセールスレターの謎。



この教材、この塾、自分に合ってるのかな?

ホンモノ??騙されていないかな?と思ったら

右上にあるサイドバーのメールフォームから

遠慮なくお問い合わせくださいね。(*´▽`*)
 

★桜1






プライバシーポリシーについての表記




はじめに
当サイトでは、以下のとおり、個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、その重要性と取組を徹底することで個人情報の保護を推進します。


個人情報の管理
当サイトは、お客様情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス、紛失、破損、改ざん、漏洩などを防ぎ、セキュリティの維持、管理体制の徹底等、安全対策等を実施し、個人情報の厳重な管理を行います。


個人情報の第三者への開示・提供の禁止
お預かりした個人情報は適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
1)同意がある場合
2)希望されるサービスを行うために、業務を委託する業者に対して開示する場合
3)法令に基づき開示することが必要である場合


個人情報の利用目的
お預かりした個人情報は、ご質問に対する回答やその他のご連絡として、電子メール送付時に利用させて頂きます。


個人情報の安全対策
個人情報の正確性、及び安全性確保の為に、セキュリティに万全の対策を講じています。


本人の照会
個人情報の照会、修正、削除などをご希望される場合、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。





Googleが出資?スティーブ・ジョブ●が称賛??”改:ビットコイン” 吉川将大 シリコンバレーの活きる伝説?




こんにちは。

なごみです。( ^-^)ノ



投資関連のオファーが続いていますね。

今回のは、仮想通貨。




Googleが出資、スティーブ・ジョブ●が称賛??”改:ビットコイン” 吉川将大シリコンバレーの活きる伝説?



ビットコイン

URL:http://www.ripple-trade-japan.net/lp/new/open/


特定商取引法に関わる表示
会社名 TIGER FUND.,Co.Ltd
所在地 沖縄県件石垣市新川390-1
運営責任者 吉川将大
電話番号  050-5275-4180
※お問い合わせはメールでお願い致します。
お問い合わせ support@ripple-trade-japan.com






「リップル:仮想通貨」の紹介オファーです。



仮想通貨というと

あの”マウントゴックス:Mt. Gox”で

多くの人に知られることになった

「ビットコイン:Bitcoin」が有名ですよね。


リップルは

「改良版:ビットコイン」とも呼ばれている

仮想通貨です。





”シリコンバレー発の大きなイノベーション”

”人類史上数百年の1度のイノベーション”などと

大きく謳っていますが、

なごみはおススメしません。




ご存知の通り、

仮想通貨:ビットコインやリップルは暗号通貨とも呼ばれ

銀行や行政ではなく、「個人(法人)」が

取扱所を運営しています。



マウントゴックス社:Mt. Goxが分かりやすい例ですが

若き外国人が、日本で「ビットコインの取引所:Mt. Gox」を

運営していたものの、

約490億円相当ものビットコインを

「盗まれた」として破綻。


若き外国人社長が派手な生活をし

「ハッキングで盗まれた。。」で終わり。

ユーザーへの補償も無いという現実。


  *追記:後に、自身で使い込んでいた事が明らかになりました。





世界的に見た時には、

「透明性が高い」と説明していますし

海外では仮想通貨用のATMができたり

しているのも事実ですが

リスクがあることに変わりはありません。




仮想通貨は

国境を越えて

金銭をやり取りする方に人気がありますし



価格変動が激しいことから

一部の方に人気もあります。





リップルが今後、注目されるコトも

あると思いますし

リップルがニセモノということでもありませんが


このオファーを出している

TIGER FUND.,Co.Ltd 「リップルトレード研究会」

のセキュリティは大丈夫でしょうか?



セキュリティ管理をどうしているかも分からないトコロに

お願いして、心配ではありませんでしょうか?


一部上場企業など、信頼あるトコロに預けるならまだしも

上場している楽天銀行でさえ、

口座凍結でお金が引き出せない

と、最近問題になっていましたよね。




更に、この「リップルトレード研究会」は昨年も

本来の取引価格と大きく乖離した金額で取引しています。

・2015年5月20日時点 リップル価格 1XPR=0.838円

・「リップルトレード研究会」取引価格 1XPR=3円

通常取引されている価格の約3.6倍です。



ここにお願いする必要を感じませんね。





お金持ちがより、お金持ちになり

そうでない者は、そうでないママという構造は

確かにありますので、


将来性に賭けてみたい。


損失が出ても平気♪


とお考えの方には、よいかもしれませんが


通常価格の3倍以上で取引する価値が

あるかは大きな疑問。




もし、ご興味がおありでしたら

直接、リップルを購入した方が

正規の価格で購入できます。
  




リップルトレード研究会を介した

売買契約書のオリジナルは

英語だそうですので

ネイティブ並みの語学力を持っていた方が

よさそうです。



日本語へ翻訳してあるとの事ですが

効力はオリジナル英文にありますし

翻訳者のちょっとしたニュアンス、捉え方違いは

往々にしてあることですから、

国際弁護士のモトで翻訳確認

していてなければ、何の意味もありません。


それでも、安心とは言えない中

どなたが翻訳したか分からない契約書へのサイン、、

怖くありませんでしょうか。。






<以下:ご紹介文>



あなたはこれから私がお伝えする内容を
直に目にし耳にすることで、とてつもない驚きを感じるでしょう。


「これは大きなチャンスを発見してしまった・・・」と。


あなたはこの情報を手に入れることで、
大きな富を生み出すでしょう。

その辺に溢れているチンケな情報ではありません。












大切なお金を失うことの無いよう

くれぐれも慎重にどうぞ。













サクラ


自由な時間と

不安のない生活を手に入れませんか。

ちゃんと実績が出せる、数少ないホンモノ情報などを

旅行とドライブ、お料理が好きな管理人が

不定期でお届けするメールマガジンです。


一緒に、複数の収入の柱を築いていきましょう!

*信頼や友情より、お金だー!と仰る方は
  ご遠慮ください(*m_ _)m)







購入する、その前に! 詐欺商材に騙されないための ”3つのコト”




.これは!!と思ったら、まず 大きく深呼吸 を。 ←これ大切です (^-^

.次に、その商材について、一度検証してみてください。 
  ・まず、セールスレター下にある「特定商取引法に基づく記述」を見てください。
  ・記載されている ”所在地” に ”会社・個人宅” があるかを
   「ぜんりんいつもNAVI」や「グーグルマップ」で確認してみましょう。
  ”購入まで何時間と・・カウントダウン” が始まりますが、慌てなくても大丈夫です。

.始めは、検証自体むずかしいと思いますので、既に検証されている記事を読んでみてくださいね。




それでも悩める時には、お気軽にご連絡ください。

こんな事例もありました。

■関連記事:ワクワク?同じ内容が違って見えるセールスレターの謎。



この教材、この塾、自分に合ってるのかな?

ホンモノ??騙されていないかな?と思ったら

右上にあるサイドバーのメールフォームから

遠慮なくお問い合わせくださいね。(*´▽`*)
 

★桜1






プライバシーポリシーについての表記




はじめに
当サイトでは、以下のとおり、個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、その重要性と取組を徹底することで個人情報の保護を推進します。


個人情報の管理
当サイトは、お客様情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス、紛失、破損、改ざん、漏洩などを防ぎ、セキュリティの維持、管理体制の徹底等、安全対策等を実施し、個人情報の厳重な管理を行います。


個人情報の第三者への開示・提供の禁止
お預かりした個人情報は適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
1)同意がある場合
2)希望されるサービスを行うために、業務を委託する業者に対して開示する場合
3)法令に基づき開示することが必要である場合


個人情報の利用目的
お預かりした個人情報は、ご質問に対する回答やその他のご連絡として、電子メール送付時に利用させて頂きます。


個人情報の安全対策
個人情報の正確性、及び安全性確保の為に、セキュリティに万全の対策を講じています。


本人の照会
個人情報の照会、修正、削除などをご希望される場合、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。



ネカフェニートの稼ぎ方 高杉慧 "魔法のお財布”ってマズクないですか?!

高杉慧 ネカフェニートの稼ぎ方 CXトレード倶楽部発表 24万8千円 インフォトップより販売


こんにちは。

なごみです。 ( ^-^)ノ



なんだか怪しそうな

キャッチコピーですが

どんな内容でしょう。



高杉慧 ネカフェニートの稼ぎ方"魔法のお財布”ってマズクないですか?!





ニート

定商法取引法に基づく表記 
運営業者 Vertex株式会社
運営責任 高杉慧
所在地  東京都渋谷区渋谷1-8-3



まんがを読んでいて

月収173万円??


レターには

表現、及び商品 に関する注意書き 本商品に示された
表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果
を保証したものではございません。


とも書かれています。


1分程度のクリックしと入力作業ののみ

との事ですので、投資系のようです。

具体的なノウハウはまだ

公開させていませんので

また追って追記いたします。



 追記:仮想通貨を使ったアビトラージ(裁定取引)でした。

仮想通貨のアビトラージをするためのツールを使って

価格差が生じた時に、アラートが鳴る。

そのタイミングで売買し、利益を取るものでした。


かなりギャンプル性の高い方法です。



仮想通貨と言えば

ビットコインの交換所を運営していた

株マウントゴックスの人が逮捕されましたね。


仮想通過は、銀行や政府金融庁の元ではなく

個人が運営していたりするので

とてもリスクが高く、マウントゴックス同様

「ハッキングされて通貨を失った」

なんてコトもあり得ます。




お気を付けくださいね。






» 記事の続きを読む

Copyright © NAGOMI-NET All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます